Post

Visualizzazione dei post da Ottobre, 2019

マケドニア語・ブルガリア語同時学習その10(動詞のアスペクトのペア)

目次

スラブ語の学習で動詞のアスペクトのペア(下記)に触れないわけにもいかないので触れておきます。 スラブ語の動詞は完了体と不完了体のどちらかに分類されるようです(同形のものもあるらしい...)。 『ニューエクスプレス+ブルガリア語』によれば、完了体は「動作全体をまとまりとして捉えるもの」で、不完了体は「始めと終わりを考えに入れず動作を進行中のプロセスとして捉えるもの」とのことです。
ブルガリア語では、不完了体の現在形は単文や複文の主文で使われ、完了体の現在形は複文の従属節で使われるようです(主文の現在形だとものごとが完了してないということですね)。また、同書§19の例文によると、過去における反復や継続を表す場合は不完了体動詞の現在完了を使うようです。
こちらの資料によると、マケドニア語では(ブルガリア語とは異なり)完了体の現在形と不完了体は、8つの接続詞などの後でのみ用いられるとのことです。口語では完了体の現在形は疑問文、否定文の中でも用いられるとも書いてあります。
セルビア・クロアチア語でも状況は概ね同じのようです。なお、ロシア語では完了体の現在形を主文で使うと未来を表すことになります。 アスペクトのペアという用語は、完了体の動詞があれば意味的に対応する不完了体の動詞があり、不完了体の動詞があれば意味的に対応する完了体の動詞があるということを指すようです。「ペア」というと対応が一対一のような気がするので紛らわしいです。実際には不完了体の動詞にいろいろな接頭辞をつけて別々の意味を持つ完了体の動詞を複数作り出せたりします。

マケドニア語・ブルガリア語同時学習その9(数)

目次 スラブ語でものを数えるとき数字の後の名詞の形をどうするかという規則は、しばしば複雑で頭痛の種になったりするわけですが、(名詞が格変化を失っている)マケドニア語・ブルガリア語ではどうでしょうか。 マケドニア語 Quantitative plural というのがあり、(ある種の!)男性名詞でよく使われるそうです。 作り方は -a をつければよいそうです。  ブルガリア語 男性名詞では numerical plural(個数形)というのを使うそうです。作り方は -a をつければよいそうです。
そこそこ似ていますね。その他が普通の複数形でよければそれほど悪くないかもしれません。ちなみに... クロアチア語 ↑のリンク先を見るとロシア語のように(最後の桁が)1 の場合、2, 3, 4 の場合、それ以外の場合で別々の形にしなければならなかったりします。
数字 いくつかの数字を比較しておきます。 数字マケドニア語ブルガリア語クロアチア語ロシア語0nulanulanulanol'1edenednojedanədʒin2dvadvedvadva3tritritritri4tʃetiritʃetiritʃetiritʃitɨri5petpetpetpjat'6ʃestʃestʃestʃest'7sedumsedemsedamsjem'8osumosemosamvocjem'9devetdevetdevetdʒevit'10desetdesetdesetdʒesit'11edinaesetedinadesetjedanaestədinatsat'...............20dvaesetdvadesetdvadesetdvatsat'

マケドニア語・ブルガリア語同時学習その8(ムード、受け身、条件文)

目次 ムード 「てもよい」「なければならない」あたりはロシア語では「無人称動詞」というものを使ったりするのですが、マケドニア語・ブルガリア語でもそれっぽいものがあるようです。 マケドニア語ブルガリア語クロアチア語ロシア語意味mora da ...
無人称用法ありtrjabva da ...
無人称morati
人称あり
treba ...
無人称dolʒen/nadə/nuʒnə ...
無人称... なければならないmoʒe da ...
人称ありmoʒe da ...
無人称用法ありmotɕi
人称ありmoʒnə ...
無人称... てもよい/できる ※クロアチア語 motɕi (moći) の活用は「その4」で出てきました(e 形)。
受け身 特別な受動態分詞を使います。受動態分詞は次のようにして作ります。
マケドニア語ブルガリアでは、完了過去三人称単数に -n あるいは -t を付加して作ります。
クロアチア語では、現在語幹に -n, -(j)en あるいは -t を付加して作ります。
受け身構文は be 動詞+受動態分詞(+od/ot 動作者)です。
受動態分詞は、性・数によって変化します。
条件文 「もし...だったら(条件節)... するだろう(帰結節)」という構文です。帰結節については: マケドニア語では「bi+過去完了能動分詞」という形を使うそうです。
ブルガリア語では「bija という動詞の完了過去+過去完了能動分詞」という形を使うそうです。 クロアチア語では「be 動詞(biti)の完了過去+完了分詞」(👉その6)です。 実際、形を見るとマケドニア語・ブルガリア語の過去完了能動分詞とクロアチア語の完了分詞は元々は同じもののようです(概ね後に -l をつけ、性・数によって変化します)。
条件節を作るときの「助動詞」を比較しておきます。 人称・単複マケドニア語ブルガリア語クロアチア語1. 単bibixbih2. 単bibibi3. 単bibibi1. 複bibixmebismo2. 複bibixtebiste3. 複bibixabiʃe 三言語とも形を見ると元々は同じものっぽいですね。

マケドニア語・ブルガリア語同時学習その7(疑問詞と前置詞)

目次
疑問詞 主なものをひろってみました(形容詞的に使われるものは性・数で変化します)。 マケドニア語ブルガリア語クロアチア語ロシア語英語ʃto/kakvokakvo ʃtaʃtoWhatkomu/kojkoji(t)koktoWhokojkojikojikakojiWhichkadekɐdegdjegdje(At) WherekogakogakadakagdaWhenkakokakkakokakHowkolkukolkokolikoskol'koHow much/manyzoʃtozaʃtozaʃtopatamuWhy 前置詞 やはり主だったものをひろってみました(リンクは mylanguages.org & wiktionary)。
マケドニア語ブルガリア語クロアチア語ロシア語英語vov/izuvinnanananaat (dat), onto (acc)odotiz/odiz/otfromdododok(доは時間的な"前")tosossswithbezbezbezbezwithoutpopopopoper etc.zazazadljaforokoluokolookookələaroundprekutʃrez/prezkroz/prekotʃerezthrough/acrossmedʑumeʒdu(iz)medʑumeʒdubetweenpodpodpodpadundernadnad(iz)nadza/vɨʃeover/abovepredpredpredperedin front ofzadzadizazabehindporadiporadizbogiz-zabecause of

マケドニア語・ブルガリア語同時学習その6(時制)

目次
時制 セルビア・クロアチア語やロシア語では、過去はフランス語やイタリア語のように(大雑把にいうと)be動詞+完了分詞で表されるので、動詞の過去形を覚える必要はありませんでしたが、マケドニア語やブルガリア語では現在完了と過去は別になっていて、過去形を覚える必要があるようです(マケドニア語とブルガリア語で語尾が少し違うので注意する必要がありますが、作り方は簡単そうです)。



時制マケドニア語ブルガリア語クロアチア語単純現在 ⇒記事その4 未完了過去下記完了過去複合完了be動詞 + 完了分詞be動詞 + 完了分詞
※口語の過去形未来tɕe + 現在形ʃte + 現在形 Type I: 助動詞 tɕu + 不定詞 Type II: 助動詞 budem + 完了分詞 ... 英語にもあるように、他にも組み合わせでいろいろある... 完了分詞はどの言語でも概ね動詞の後に -l をつけ、さらに性・数で主語に一致させる形です。

未来形はクロアチア語よりマケドニア語・ブルガリア語のほうが簡単かもしれません。

未完了過去と完了過去は動詞の語幹に以下の表のような語尾を追加して作ります。
2人称、3人称単数のところ(+クロアチア語の3人称複数)以外は同じ形をしているので、区別できないですね。
セルビア・クロアチア語の口語では未完了過去も完了過去も使わないようです(フランス語やイタリア語、スペイン語では未完了過去は使うので覚える必要があります)。スラブ語の動詞では(後で出てくる)アスペクトが発達しているので、そちらで補えるのかもしれません(ロシア語の教科書にはそもそもこのカテゴリーが出てこない...)。
未完了過去人称・単複マケドニア語ブルガリア語クロアチア語1. 単+v+x+h2. 単 +ʃe 3. 単1. 複+vme+xme+smo2. 複+vte+xte+ste3. 複+a/ja+xa+hu 単純過去人称・単複マケドニア語ブルガリア語クロアチア語1. 単+v+x+h2. 単 追加語尾なし 3. 単1. 複+vme+xme+smo2. 複+vte+xte+ste3. 複+a/ja+xa+ʃe 命令形 3言語とも2人称単数では語幹に i をつければいいようです。2人称複数を含む活用表はここらへん(マケドニア語ブルガリア語クロアチア語)(それぞれ英語のページ)を御覧ください。

マケドニア語・ブルガリア語同時学習その5(名詞の性と数、後置冠詞形)

目次
名詞の性マケドニア語・ブルガリア語の名詞には他のスラブ語と同様、男性、女性、中性の区分があります。セルビア・クロアチア語を含めて、語末の形による性別のおおまかな見分け方は次のとおりです(もちろん例外もあります)。
男性:子音で終わる。女性:-a で終わる。中性:-o/-e で終わる。 複数形 複数形の作り方は名詞の性によって異なります。上記の典型的な語末の場合、次のようになります(例外はいろいろあるようです)。
性マケドニア語ブルガリア語クロアチア語男性+i
(単音節語の場合 +ovi)+i
(単音節語の場合 +ove)+i女性-a ⇒ -i-a ⇒ -i -a ⇒ -e中性-o を -a に変える
-e を -iɲa に変える-o を -a に変える
-e を -ta に変える-o/e を -a に変える 後置冠詞形 マケドニア語ブルガリア語では、定冠詞(セルビア・クロアチア語を含めて一般的にスラブ語には冠詞はない)の代わりに名詞の後に接尾辞がつきます。典型的な場合では次のようになります。 数・性マケドニア語ブルガリア語単数男性
(子音で終わる)+ot主語+ɐt
主語以外+a単数女性&
aで終わる名詞+ta+ta単数中性その他+to+to複数男性&女性 (-i) +te+te複数中性+ta+ta (ブルガリア語にない?)マケドニア語の特徴として、後置冠詞に「こそあ」の区別があることが挙げられます。上記の t を含む形は「こそあ」の「その」に対応し、「この」であれば t が v に、「あの」であれば t が n に変わります。
なお、形容詞にも後置冠詞形があり、名詞に形容詞がかかっているときは形容詞の方だけを後置冠詞形にするということです。

マケドニア語・ブルガリア語同時学習その4(動詞の現在形)

目次
動詞の活用型と現在形 3カ国語とも動詞の活用型には(三人称単数形現在がどの母音で終わるかによって) a, i, e の3つの型があります。
というところまではよかったのですが、ある言語で a 型だったら別の言語でも a 型とはかぎらず、かなり違いがあるようです。
たまたま一致しているところで例を見てみましょう。
リンクは Wiktionary の活用表です。
a 型(帰す) 人称・単複マケドニア語ブルガリア語クロアチア語1. 単vratɕamvrɐʃtamvratɕam2. 単vratɕaʃvrɐʃtaʃvratɕaʃ3. 単vratɕavrɐʃtavratɕa1. 複vratɕamevrɐʃtamevratɕamo2. 複vratɕatevrɐʃtatevratɕate3. 複vratɕaatvrɐʃtatvratɕaju ※"tɕ":マケドニア語では k の上にアクセント記号がついた文字、クロアチア語では "ć"(「チ」の音に近いらしい)

なお、上記どの言語でも再帰代名詞 "se" をつけると自動詞化して「帰る」の意味になります。
i 型(学ぶ)人称・単複マケドニア語ブルガリア語クロアチア語1. 単utʃamutʃautʃim2. 単utʃiʃutʃiʃutʃiʃ3. 単utʃiutʃiutʃi1. 複utʃimeutʃimeutʃimo2. 複utʃiteutʃiteutʃite3. 複utʃatutʃatutʃe e 型(できる)人称・単複マケドニア語ブルガリア語クロアチア語1. 単moʒammogamogu2. 単moʒeʃmoʒeʃmoʒeʃ3. 単moʒemoʒemoʒe1. 複moʒememoʒemmoʒemo2. 複moʒetemoʒetemoʒete3. 複moʒatmogatmogu

マケドニア語・ブルガリア語同時学習その3

前回
いわゆる be 動詞 ※リンクは英語の Wiktionary 人称・単複マケドニア語ブルガリア語クロアチア語1. 単sumsɐmsam2. 単sisisi3. 単eeje1. 複smesmesmo2. 複stesteste3. 複sesasu ※ほとんど同じ...
Yes/No 疑問文を作る "li"英語マケドニア語ブルガリア語クロアチア語Are you from Japan?Ste li od JapanijaSte li ot JapanjaSte li od Japana? ※クロアチア語は "Da li ste iz Japana?" のほうが適切かも
※クロアチア語の Japana は Japan の生格
Yes/No  3つの言語どれも Da/Ne Not 3つの言語どれも "ne"。動詞の前に置けばよい。 ただし、クロアチア語のいわゆる be 動詞では、"ne" が接頭辞 "ni-" に変化する。例:"nije" (isn't)
〜がある・ない日本語マケドニア語ブルガリア語クロアチア語〜がある・いるIma 〜Ima 〜Ima + 主格〜がない・いないNema 〜Njama 〜Nema + 生格

マケドニア語・ブルガリア語同時学習その2

前回
あいさつ 定番のところはそんなに変わらないですね。 ※ネットで各国語 phrasebook を参考
マケドニア語ブルガリア語クロアチア語意味Dobro utro!Dobro utro!Dobro jutro!Good morning!Dobar den!Dobɐr den!Dobar dan!Good day!Dobra vecher!Dobɐr vecher!Dobra vecher!Good evening!Zdravo!Zdravei!Zdravo! "元気?"的な語源かと ※ブルガリア語 "ɐ" は独自文字 "ъ" の発音(曖昧な「ア」)
※ブルガリア語の "Dobɐr vecher!" は、vecher が女性なので本来 "Dobravecher!" なのだが、ここは慣用的例外

あいさつ表現はたくさんあるので深入りはしません...
さようなら マケドニア語ブルガリア語クロアチア語意味Dobra notʃ!Leka noʃt!Laku notʃGood night!Doviduvanye!Doviʒdane!DovidʑenjaTill view/meeting! ※Leka, Laku はここでは「安らかな」的な意味
※2行目はすべての言語で Do ではじまっているが、これは「まで」という意味の前置詞(ロシア語でも Do svidaniya/ダスヴィダーニャ)
※ここらへんは結構違うのでやはり深入りしないことに...
Bitte! 「どうぞ」とか「Please」とか聞き返しのときの表現

マケドニア語ブルガリア語クロアチア語Molam!Molja!Molim! ありがとうマケドニア語ブルガリア語クロアチア語Blagodaram!Blagodarja!Hvala! ごめんなさいマケドニア語ブルガリア語クロアチア語ʒal mi e!Sɐʒaljavam!Oprostite!

マケドニア語・ブルガリア語同時学習その1

ボランティアで日本語を教えたりしている隣町が、2020年の某スポーツ大会関連で北マケドニアのホストタウンになったので、以前勉強したセルビア・クロアチア語との関連を調べるのと、将来の旅行先で使う目的でマケドニア語の勉強をはじめることにしました。
日本語で書かれたマケドニア語の教科書を探すと、代わりに(近縁らしい)ブルガリア語の教科書が見つかるので、とりあえずニューエクスプレス+ブルガリア語と英語で書かれた 50 Languages English Macedonian for beginners という本を購入して(後者はオンラインで見れるので買わなくてもよかった)、マケドニア語とブルガリア語を比べながら同時学習することにしました。
マケドニア語とブルガリア語はロシア語などが属するスラブ語族に属し、その中でもセルビア・クロアチア語が属する南スラブ語に属します。ニューエクスプレス+によれば、ブルガリア語と「マケドニア語は双子のような間柄」とのことです。どれくらい似ているのかはこれから見ていくことにします。
ニューエクスプレス+によると、この2つのことばは格変化をほとんど失っており、名詞の定不定を(北欧語のように)接辞で表す(後置冠詞形)とのことです。これは、同じ旧ユーゴスラビアの地域のことばであるセルビア・クロアチア語とはかなりの違いがあることを示しています。もし私がセルビア・クロアチア語を流暢に話せるようになっていたとしたらこれは残念なお知らせですが、そんなことはないので、格変化を覚えなくてすむというよいお知らせだと考えましょう。
文字 両言語ともキリル文字を使います。マケドニア語には少し固有の文字があるようです(詳しくはこちら)。以下では、比較のためできるだけ発音記号っぽいローマ字表記を使っていくことにします。なお、セルビア・クロアチア語(以下「クロアチア語」と略記)の表記もクロアチア語のラテン文字ではなく、発音記号っぽいものを使うことにします。
代名詞(主格) ※リンクは英語の Wikipedia 人称・単複マケドニア語ブルガリア語クロアチア語1. 単jasasja2. 単tititi3. 男性単tojtojon3. 女性単taatjaona3. 中性単toatoono1. 複nieniemi2. 複vievievi3. 男性複tieteoni3. 女性複tiete…