Post

語学通信簿 (2018)

現時点の語学(英・仏・西・伊・葡・中・韓・独)の習熟度について自己採点(相対評価)してみました。英・仏以外の学習は「テレビで〇〇語」プラスα(読書など)ぐらいのものですね(葡は西のおまけ、中韓は教室通いも)...

語彙
英>仏>西・伊>葡・中>韓・独
西・伊、葡は英仏語彙 および相互の語彙の類似を利用できる。
中は日本語の漢字の知識を利用できる。
韓は日本語の漢字語の知識を利用できるものの固有語のほとんどが未学習
独は英語彙 の知識を利用できるものの固有語のほとんどが未学習

文法
英・仏・伊>西・葡・韓>中・独
英は(言語学者が研究している)ネイティブしかわからない文法とか多そう。
ロマンス語系は接続法の使い方をテストされるとあかんような気がする。
韓は口語的な助詞の用法とかわかっていない...

読解(速読・大意把握)
英>仏>中>西・伊>葡>韓・独
ほとんど語彙力に依存 中は漢字の速読で大意をとれる。
読解(辞書を使った熟読)
英>仏・韓>伊>西>葡>中・独
韓が日本語との類似から躍進 ロマンス語内の序列は経験上の印象(仏からの乖離度?)
聞き取り(単語・意味は問わない) 伊・西・独>英・仏・葡>韓・中
伊・西・独が日本語の音韻との類似性から躍進(単語も比較的長い)
韓・中は有気音・無気音の聞き分けが難しい。
中は声調の問題が...
韓はパッチムが聞き取れない(単独では多くの場合ネイテイブでも無理)。

聞き取り(文章理解)
英>仏>伊>西>葡・独>中・韓
速読に近いものの、単語の聞き取りの容易さで順位が変わる。
仏のニュースは概ね聞き取れる水準(年金のなんちゃらとか国内政経問題は無理)。
伊のニュース聞き取りはかなり怪しい。
アクション映画とかは英でも無理。

発音
伊・西・独>英・仏・葡>韓>中(漢字テキスト)
伊・西・独>英・仏・葡>中(ピンイン)>韓
概ね単語の聞き取りと同様 韓は有気音・無気音や連音規則に注意しつつ読むのが難しい。
英は今でも辞書をひくとそんな発音だったのかと驚かされることがよくある。
会話
英>仏>伊>西>韓>葡・独>中
会話では知っている単語だけ使い、知らない単語は聞き返せる。
葡の語彙は passive vocabulary なので発話に使えない...
中は語彙も passive な上、聞き取り、発音も困難

作文
英>仏・伊・西・葡・韓>独・中
自分で書く分には難しい文法…

チャヴ

チャヴ 弱者を敵視する社会
オーウェン・ジョーンズ 著
依田 卓巳 訳
Chavs: The Demonization of the Working Class (2011)
海と月社(2017)を読みました。

大筋は現代イギリスにおいて

労働者階級(特に若者)が Chav と呼ばれており、残りの人々の嘲笑の対象になっている背景として、サッチャー政権(保守党)からブレア政権(労働党・ニューレイバー)に続く新自由主義が鉱工業を崩壊させ、自己責任論とともに労働者階級をケアしなかったことにある ということかと思います。著者は、労働者階級が国策の結果困窮しているのに国中で嘲笑の対象にしていることに怒っているわけです。全体的にイギリスの社会状況に深く根ざした現象であるように見えますが、以下日本と比較してみます。
Chav vs. マイルドヤンキー
マイルドヤンキーは(概ね世襲するのでその点で階級といえるかもしれませんが)、メディアでそれほど取り上げられてはいないようです。鉱工業の従業員と関係するイメージもないようです。労働者階級
イギリスの「労働者階級」は18世紀以来の歴史があり、この本で書かれていることが合っていれば、徹底的な(新自由主義による)階級闘争によって壊滅させられたというかなり特異な位置づけを持っているようです。日本でも炭鉱はなくなりましたが、工業はイギリスよりは健在のようです。ただ、グローバリゼーションによる産業空洞化や、新自由主義による非正規化の波はどちらの国でも押し寄せています。労働党と日本の野党
産業構造の変化で旧左派政党が壊れていったのは同じです。日本では政権交代が機能しなかったので、新自由主義の野党がそれほど大きくなるという事態はまだ見ていません。自己責任論
日本ではおそらく21世紀になる頃から人口に膾炙するようになった気がします(2004と2015の人質事件のせいかもしれません・Google Trends)。全般的にはサッチャリズムを源流とする新自由主義の流れがあったということですね。日本の未来?
この本が取り上げている問題の本質がイギリスの階級意識とサッチャリズム以降の新自由主義だとすると、前者については日本の階級意識に規定され、後者は一世を風靡したものの現在主流かというと微妙なので、同じようなことが日本で起こるかどうかはなんともいえません。しかし、こちらに書…

2010年代の国内時勢

数年以上続いた不安の時代、つまり、自己陶酔と他者への憎悪が社会を覆い、事実と論理が疎んじられる社会が到来するのではないかという恐れを持って過ごした(私はビビリ)時代からようやく抜け出られそうな気配が感じられる昨今、警戒と記録のためにこのメモを残すことにする。 この時代の背景には3つのグループが識別できる:1) ネトウヨなどのヘイトモンガー(Hatemongers・以下HM)、2) 日本会議などの復古主義団体(Reactionary Groups・以下RG)、3) 安倍政権である。これら3つのグループは、別々の行動原理を持ちながらも互いに補強しあってこの時代を形成したと考えられる。 ヘイトモンガー(HM) 2011年ごろにはTwitter がおすすめするつぶやきや Yahoo ニュースのコメントなどの中にヘイトスピーチが多く見られるようになり、知り合いの中にもそうした主張をコピーするものがみられるようになった。街路では嫌韓デモが発生し、書店も週刊誌の吊り広告にも嫌韓・嫌中のコンテンツがあふれるようになっていった。一部のコンテンツは金銭目的で作られていたのかもしれないが、HMは確実に存在していた。 HMの勃興の理由の一つは、新たな「事実」の発見であったように思える。例えば一部の人々が不公正に補助を得ているという噂がネット上で広まり、そうした人々にヘイトスピーチが向けられた。また、歴史に関しても「自虐史観」で語られてきた一部の歴史は間違いで、より「正しい」歴史があるという言説が流布された。こうした噂や言説は新しい「事実」にもとづいているということから、高学歴の人々も惹きつけたのである。 もうひとつのHMの隆盛の原因は、日本の経済が不安定に推移する中、自らを国家と同一化し、そこに所属、同化しない者を貶めることで、心理的な報酬を得ることができたということがあるだろう。 HMはその後、以下のように想定される理由により少しづつ目立たなくなっていく。
議論の成熟化:当初ヘイト・スピーチに準備できていなかったネット世界やその他メディアも、カウンターの事実や議論で均衡をとることができるようになった。リアル社会ではカウンター団体が行動する一方、政治の世界でも反ヘイト・スピーチの法律ができるなど、包囲網ができた。日本の新しい位置づけに人々が慣れてきた。フィルターバブルによって異なる意見…

西安旅行まとめ(总结)

Immagine
第四天から続く

最後の日は早朝便、上海経由で帰国しました。特に何もなく。
西安の空港で前の方から走ってきたおばあさんに搭乗口を訊かれて、方向を指したら感謝されたので、今回の旅行はおばあさんに感謝される旅行だったのか(上海の空港でもオランダ人の老婦人と話したし)...
経済・社会30年前の中国は別の惑星でしたが、今は世界中どこでも均質化が進んでいます。東アジアは特にお店とかの感じが似通っていますね(中国は建築物に巨大なものがあり、圧倒されますが)。
キャッシュレス化が進んでいると聞いていたのですが、今のところはキャッシュだからといって(自転車は借りられませんが)それほど困ることはありませんでした。フードコートで微信での支払いを求められましたが、後ろのサービスカウンターで支払いカードを買って事なきを得ました。以前からフードコートは個々の店では現金を扱わない仕組みだったところに微信での支払いが追加された形です。土産店ではお客さんが例によって「私が払う」競争をしていましたが、それぞれスマホのアプリをお店のリーダーにかざそうとしていました。たぶん最初に読み取られたスマホのユーザーが払うのでしょう。
今回旅行前に微信支付(WeChat Pay)のアカウントを作ろうとしたのですが、日本のクレジットカードとの紐付けがうまくいかず、中国国内での銀行口座作成も中国の携帯電話番号が必要ということで断念しました(自分の携帯がSIM-Freeでない...)。
中国はみんなが使う公共交通機関や日々の外食がまだ著しく安い一方、使わなくても生活できるカフェやレストラン、観光地の入場料といったものは日本以上に高いですね。ある意味二重経済なんですが、ユーザーは適宜使い分けているようです。日本でも高級レストラン行く人でも牛丼チェーンも利用するでしょうし、高級デパートで買い物する一方100円ショップ行ったりもしますね。中国の格安経済の方はなんらかの補助があるのかもしれません。
中国語日本語−仮名≒中国語(書き言葉の単語レベルでは :-)なので日本語の読み書きができる人は中国との交流では結構有利なところにいると思われます。 今回は話す方もなんとかなったような気がします。宿のお兄さん(主人)は私の詐術にはまって私が中国語を理解できると勘違いしたようで、ずっと中国語で話しかけてきていました。普通の普通話でもわからないのに結構…

西安旅行第四天

Immagine
第三天から続く

三日目の朝は前日の夕食の弁当の残りを食べた後、近くにある小雁塔へ出かけました。
その後、さらにその近くの密教のお寺、空海も学んだ大興善寺へ。かなり大きなお寺です。



最後の訪問地は地下鉄で3駅移動したところにあるやはり空海ゆかりの青龍寺。 おそいお昼は、宿の下のフードコート「小吃城」で地元名物ビャンビャン麺(12元)にありつきました。超幅広麺をさいの目切りにした野菜と唐辛子スープで和えていただきます。 「小吃城」には見たことのないような食べ物の屋台風専門店も多くあり、できればみんな試してみたいと思いましたが、それには何週間か滞在する必要がありそうです。 夜は王府井百貨のデパ地下へ行って食べ物を物色しました。パン売り場で謎の食べ物

西安旅行第三天

Immagine
第二天から続く

三日目の朝食は屋台で煎饼(jiān bing・5元)をゲット。クレープ生地で卵とソーセージと野菜を巻いたもので、ボリュームもあっておいしいです。
外出はまず大明宫遗址公园へ。市民の憩いの場になっており、朝の散歩には(広すぎるかもしれませんが)よいところです。中央部分に入るには60元必要なようです。 その後バスで城壁の東側へ移動、中山門から城壁内へ
以下2枚の写真は道教寺院(城隍廟)より ワンダーランド回民(ムスリム)街へ ↓大清真寺(モスク)↓

西安旅行第二天

Immagine
第一天から続く

二日目は朝から西安旅行の目玉である兵馬俑へ
まずバスで兵馬俑行きバスが出発する西安駅へ行き、近くの小吃店で肉夹馍(ròu jiā mó・若干脂分のあるパンに肉を挟んだもの・10元)を食べました。ついでにカウンターにあったもやしっぽいものを頼んだらそれはやはり陝西の料理、凉皮(liáng pí・きしめんぽい冷麺にもやしや唐辛子ソースなどを和えたもの・8元)でした。
兵馬俑へのバスは7元、1時間余かかります。兵馬俑は入場料150元(お高いですね)、クレジットカードは使えないようです。土曜日なのでバス停や切符売り場にそれなりに列はできていますが、ひどく待たされることはありませんでした。

兵馬俑の後は市内に戻り、地下鉄で石器時代の母系社会の遺跡という半坡博物館へ行きました(65元・これもまあまあ高い)。
夕飯は昨晩と同じ新疆料理の店で新疆拌面(13元)を食べました。 第三天へ続く