Mac OS 9 文書サルベージ(続き)

以前、Mac OS 9の文書の文書をサルベージするという話を書きましたが、データはサルベージしてもアプリケーションが動かないという現実があります。
手元の PowerBook はClassicで起動できないし、ファインダーも開けないようです。おまけにサードパーティのClassicアプリケーションも文書もそのように認識してくれません(いつからそうなったのか不明)。昔使っていた以下のアプリは全滅
  • Design 2.0 (Meta Software Corporation)
    ハイパーグラフ(入れ子になったグラフ)が編集できるグラフィックソフト
  • MORE II (Symantec)
    アウトラインプロセッサ
  • アイデアストーム(メディアヴィジョン)
    アウトラインプロセッサ
青色申告用のソフトもダメかも。アイデアストームはテキストエディタで開くとテキスト部分は回復できます。
で、本日サルベージしたのは Design で描いた「家系図」。まだ処分していなかった古い iMac で Classic 起動、Design で文書を開くとフォントが Geneva しかなく、文字化けしています。絵のところは手描きで引き写し、文字化けしているところは SimpleEditor にコピペして文字を判読、手で写しました。Classic を使っていた頃は拡張機能かなにかが入っていて無理矢理日本語を表示させていたんですかね。もう記憶にありません...
それに、消えてしまった(会社の)アプリケーションについてはネットで調べてもほとんど情報がひっかかってきませんね。

Commenti

Post popolari in questo blog

OpenCV Java API で Gabor Filter

ローカル変数は使用不可

ES611の電池交換