iPad 用リッチテキストエディタ

昨日からiPad 用リッチテキストエディタを探していて、結論から先に言うととりあえず Google ドキュメントアプリを使うことにしました。
iPad でのメモ取りは、7Notes を使っていました。手書き日本語入力ができるところはいいのですが、ベタ文しか書けない(例えば箇条書き機能がない)し、動作が重いのでリッチテキストエディタを探すことにしました。
検索したところ、Markdown記法やDropbox連携を売りにしているいくつかのアプリがあることがわかりました。しかし、どちらも使ったことがないので、わざわざ手を出すかどうかは微妙です。シンプルなリッチテキストエディタで、画像の貼りこみもできる TinyEditor というアプリをダウンロードしてみましたが、売りの iCloud 連携の使い方がわからず、ファイル操作も怪しそうなので、使うのはあきらめました。
リッチテキストエディタ=ワープロソフトと考えれば、Apple の Pages を使えばよいと思い当たりましたが、1,000円もするのでこれも保留です。
もう少し調べていたら、Microsoft の OneNote がよいとの記事が見つかりました。
なるほど、Skydrive 作るんならいつも使っている Google Docs でオフライン編集できればいいんじゃね?と思って iTunes ストアを見たら、Google ドキュメントアプリはオフライン編集できてタダだったので、ダウンロードしました(この際、iOS 7 にアップデート)。あとはこれが落ちたりせず、サクサク動いてくれれば万々歳なのですが...


Commenti

Post popolari in questo blog

ローカル変数は使用不可

OpenCV Java API で Gabor Filter

ES611の電池交換